脱毛は痛みがないと抜けない?

脱毛に行って光を当ててもらうと大体2週間後くらいにその部分の毛が取れてきます。

 

口コミでもよく見かけてましたけど、じっさい抜けるっていうより、抜け落ちる、とかパラパラ取れる、そんな感じなんですよ、光脱毛やレーザー照射のあとって。

 

で、そうやってムダ毛が取れると

「ああ、永久脱毛できてるなー」っていう気持ちになれるんです。

 

てか、ホントーの意味での「永久」じゃないですけれどね。

 

でもまぁ「毛穴に効いてるんだ」っていう風には思えるわけです。

 

が!

 

そういう実感を味わえないこともあるんですよねー。

 

とくに光を当ててもらった時になんにも感じがしない場合はこの傾向がある気がするの。

 

逆に打ってる時にピッ!て痛みが走ったりした回はやっぱり良く抜けてくるんですよねー。

 

これはいろんな人が口コミにも書いているので間違いない話だと思います。

 

で、たぶん痛い=毛根にいっぱい刺激が伝わってる、そういうことなんじゃないかとわたしは思ってるんだけどね。

 

なーんて単なるシロウト考えかもだけど。

 

脱毛サロンでのお手入れ時には、熱さや痛みをほとんど感じない方が嬉しいけれど、効果が高いなら多少痛みがあってもまぁいいか?みたいな難しい選択よね。

 

脱毛に通う回数って、1回や2回でむだ毛が全部なくならないのは毛周期のせいだけれど、あまりに期間がかかりすぎるとしたら機械の出力不足かもね?

 

こう考えると毛穴に直接針を入れて電気で焼いて確実に毛母細胞にダメージを与えることが出来る永久脱毛が痛いのは当たり前。
もちろんムダ毛を1本1本人の手で処理するわけだから時間も手間もとにかくかかるし、料金だって高い。

 

おまけに痛みも強いなんて脱毛方法じゃなかなか通う気にはならないよね。

 

それに比べたら光脱毛は言うことないです、ホント。