タグ別アーカイブ: 日焼け

脱毛で日焼けがダメな理由

脱毛するときの注意点として日焼け肌がNGというもの有名よね。
あれ?知なかった?
でもまぁ、ミュゼで初回カウンセリングに行った時にこのことは説明を受けるはずなのでご心配なく!

 

で、日焼けがよくないって言ってもナゼだめなのか?どのくらいのレベルだとよくないのか?

 

そういう辺りをもうちょっと詳しく説明しとくね。

 

日焼けすると脱毛できない理由のいちばんは火傷なんかの炎症を引き起こす可能性があるってことかな。
夏の紫外線を浴びると分かると思うのですが、皮膚表面がかなりチリチリと熱く感じられてUVカットの高い日焼け止めを塗ってても真っ赤になっちゃうことあるでしょ?

 

ああいうのって、既にお肌的には相当なダメージを受けてるのよね。

 

そんな所に脱毛用の光を当てたらたまったもんじゃありませんから。
フラッシュの光ってフィルターを通しているので肌の方には極力害のないように作られてるんだけど、既に炎症気味の肌では刺激を受けてしまうことも十分考えられるってのよね。
それに日焼けすると肌は熱を持つので乾燥しがち。

 

ここで保湿を十分しとかないと、脱毛後にはさらに乾燥する可能性が大だからね!

 

それと脱毛直後は日焼け止めとかを塗るのもおすすめじゃないから、夏の日中にミュゼに行って脱毛のお手入れを受けてから、そのあとでずっと屋外で遊ぶ予定とか立てるのもやめてね。

 

ここで、日焼けの炎症が脱毛にとってよくないなら少し落ち着けば平気だよね?とかあんまり甘く見るのもさらにダメ。

 

なんでかって言うと、さっきの理由とは別だけど肌色と無駄毛の色に差がないと光を当てても脱毛の効果って出にくくなっちゃうから。

 

いずれにしてもあまりに日焼けし過ぎてるとせっかくミュゼまで行っても今日はコースを受けていただくことは出来ませんってお断りされることだってあるんだから気を付けて!

 

せっかく予約した日をムダにすると、ミュゼに通う回数が増えるだけでちっともいいことないからねー。